肌を綺麗にする方法!女子のニキビ、毛穴悩みへの対策

女子にとってニキビや毛穴の詰まりは、本当につらいものですよね。

鏡を見るたび荒れた肌を見て落ち込んだり、メイクがうまくのらなかったり…。

そこで今回は、このイヤなニキビや毛穴つまりの原因や、肌にいい食べ物など、肌を綺麗にする方法についてご紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね。

女子のニキビや毛穴つまりの原因とは

女子のニキビや毛穴つまりの原因はさまざまです。

くわしくご紹介しましょう。

女性ホルモン

女子の場合、排卵後から月経前まではプロゲステロンという女性ホルモンが多く分泌されます。

このプロゲステロンの主な働きは、「妊娠を継続させる」ことです。

ですから基礎体温を高く保ち体の中を妊娠しやすい環境に整えるのです。

しかし一方、一時的にいつものホルモンバランスが崩れることで、体温が上昇し眠気やだるさを感じたり、胃腸の調子が悪くなることもあります。

そして多いのが「肌トラブル」です。

なぜならプロゲステロンが多く分泌させることで皮脂の分泌が活発になり、毛穴が詰まり、ニキビや吹き出物が多く発生するためです。

乾燥

肌の乾燥もニキビの大きな原因です。

肌が乾燥すると角層の水分が減少し、バリア機能が低下します。

すると肌は外部刺激から自らを守ろうと、皮脂を過剰に分泌し、毛穴を詰まらせてしまいます。

そしてこれが元で、ニキビを発生させてしまうのです。

紫外線

紫外線は日焼けやシミの原因と思われがちですが、実はニキビや毛穴つまりの発生の原因にもなります。

紫外線は肌にダメージを与えてバリア機能を低下させます。

そのため肌のターンオーバーがうまくいかず老廃物が毛穴につまりやすくなり、ニキビを発生させてしまうのです。

ストレス

ストレスは心身ともに私たちの体を脅かします。

精神的なストレスは体を緊張させ、血行を悪くします。

すると十分な栄養が肌に行き届かなくなり、ニキビなど肌荒れが起こりやすくなるのです。

また、紫外線や大気汚染など、外敵ストレスを多く受けると、体内で活性酸素が発生しやすくなります。

活性酸素は増えすぎると細胞が酸化し肌トラブルが発生しやすくなります。

女子の肌トラブルを解消するには

女子の肌トラブルを解消するには、次の3つのことが大切です。

それは「肌に汚れを残さない」「しっかり保湿をする」「代謝を良くする」の3つです。

くわしくご紹介しましょう。

肌に汚れを残さない

肌に汚れが残っていると、どうしても毛穴が詰まりニキビなどができやすくなります

これを防ぐためには、肌に汚れを残さず、清潔にすることが大切です。

そのためには、正しい洗顔が重要になります。

何度も洗顔したり、ゴシゴシとタオルでこするのはやめましょう。

また肌に刺激を与えないように、指先ではなく、泡で洗うようなつもりでやさしく洗いましょう。

しっかり保湿をする

肌は乾燥すると、肌表面である角質層の水分量や皮脂分泌量が減少し、肌のバリア機能が低下します。

バリア機能が低下すると、肌は必要以上に皮脂を分泌して、自身を保護しようとしますので、乾燥しているのに、オイリー肌という状態になり、肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。

乾燥を避けるためにも、油分の少ない化粧水などでしっかりと肌を保湿することを心がけましょう。

代謝を良くする

肌の代謝、つまりターンオーバーを良くすることは、美肌にとって必要不可欠です。

睡眠不足や偏食、無理なダイエットは、肌に栄養が行き渡らず、肌の代謝機能も低下します。

規則正しい生活を心がけ、肌のターンオーバーが正常になるようにしましょう。

また肌の代謝は、体全体の代謝に直結しています。

たとえば腸内環境が悪化すると、便秘になりやすくなります。

便秘になると、排泄されない老廃物が体内にたまり、有害物質となって肌表面に現れてきます。

ニキビや吹き出物は有害物質による新陳代謝を低下のせいでもあるのです。

肌だけでなく、体全体の代謝を良くするように心がけましょう。

体の中から肌を綺麗に!【ニキビ解消に良い食べ物】

正しい洗顔やスキンケア、そして規則正しい生活の他にも肌を綺麗にする方法があります。

それは、肌に良いものを食べることです。

日頃から肌に良い食事を心がけ、肌のバリア機能を向上させることで、ニキビなどの肌トラブルを回避することができます。

くわしくご紹介しましょう。

ビタミンたっぷりの緑黄色野菜やフルーツ

緑黄色野菜やフルーツには、肌を美しくする効果があります。

ビタミンCをたっぷり含むいちご、レモン、キウイ、赤ピーマンなどには高い保湿効果があるほか、ラニンの生成を抑制したり、シミを防ぐ効果があります。

また、ニンジン、ほうれん草、かぼちゃなどに含まれるビタミンAは、肌の粘膜をすこやかに保つ働きがあります。

皮脂量を調整するたんぱく質やナッツ

ニキビに悩む方は、乾燥のため皮脂が過剰に分泌されています。

豚肉、うなぎ、たらこなどには、皮脂量を適正に調整する効果があるビタミンB1を多く含まれていますので、積極的に摂るようにしましょう。

またアーモンドなどのナッツ類も、肌の乾燥を防ぎ、皮脂量を適正にする効果があります。

イソフラボンたっぷり!大豆類

大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをする栄養成分です。

女性の体内のエストロゲンが不足すると、肌にうるおいがなくなり、肌トラブルも起こしやすくなります。

大豆類を摂取することで、体内のエストロゲンを適正な状態に保ち、ニキビなどのトラブルの発生を防ぎます

大豆類の中でもとくにおすすめなのが「高野豆腐」です。

高野豆腐にはイソフラボンの他にも、ビタミンEが豊富に含まれています。

ビタミンEは、高い抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去し、免疫力を向上させます。そのため、ニキビ跡のシミ解消が期待できます。

また、ホルモンバランスを整える働きがありますので、生理前後や更年期などの肌荒れに効果的です。

体の中から肌を綺麗に!【ニキビに悪い食べ物】

それでは、ニキビに悪い食べ物はどのようなものがあるのでしょうか?

糖質たっぷり!ケーキやチョコレート

ケーキやチョコレートなどの糖質がたっぷり含まれている食品は、ニキビにはとても悪影響を与えます。

糖質を取りすぎると、体内では大量のビタミンB群を使って消費が行われます

ビタミンB群は皮脂量を適正に調整する働きがあるので、ニキビ解消に効果的なのですが、糖質を分解に大量に使われることで、ニキビに対する効果がなくなってしまうのです。

さらに分解されなかった糖質は、脂肪として体の中に溜まり、皮脂として肌表面に現れます。これにより、ニキビができやすくなるのです。

油っぽい料理

天ぷら、フライ料理、ポテトチップスなどの油っぽい料理ニキビを悪化させます。

油っぽい料理は皮脂の分泌を促し、余計に毛穴をつまらせてしまいます

毛穴が詰まった状態の肌は、老廃物が排出されず、黒くブツブツとした状態になります。

さらに皮脂でテカテカのオイリーな肌になります。

考えただけでもおそろしいですよね。

油っぽい料理はニキビが治るまでしばらくがまんしましょう。

辛いもの

最近、辛い料理が人気ですが、あまりにも辛いものを食べると、ニキビを悪化させることがあります。

あまりに辛いものを食べると、脳が体にとって危険と感じ、早く消化させようとします。

そのため、過剰に胃液を分泌させ、胃や小腸を荒らします

すると栄養素の消化吸収が行われにくくなり、体内に老廃物がたまりやすくなります

結果としてニキビなどの肌荒れを起こしてしまうことになるのです。

まとめ

今回は、女子のニキビ・毛穴つまりの原因や肌にいい食べ物など、肌を綺麗にする方法について

ご紹介しましたが、いかがでしたか?

女子のニキビや毛穴つまりには、女性ホルモンが大きく関係しています。

さらにストレスや不規則な生活も大きな原因となります。

規則正しい生活を行い、ニキビに良い食品を積極的に摂ることによって、ニキビの解消が期待できるのです。

とくに女子は女性ホルモンの量を適正に保つことが大切ですので、生理前後などホルモンバランスが崩れやすい時には、高野豆腐など大豆イソフラボンを多くとるようにしましょう。

 

追伸



当サイトは元美容部員の編集長が100種類以上のオールインワンジェルを実際に使った上で運営しています。

その上で、おすすめのオールインワンジェルランキングを公開したり「あなたに合ったオールインワンジェルが分かるカンタン診断」もご案内しています。

ぜひ、各ランキングの記事を読んだり、あなたにあったオールインワンジェル診断を受けてみてください。

悩み別のおすすめオールインワンジェルランキング

目的別のおすすめオールインワンジェルランキング

年代別のおすすめオールインワンジェルランキング

自分にあったオールインワンジェルを見つける簡単アンケート診断

診断を受ける場合は以下をクリック↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です