はちみつパックはシミに効果なし?方法や作り方、頻度など暴露

甘くておいしいはちみつは、パンケーキなどにたっぷりとかけて食べると、とってもおいしいですよね。

でも、このはちみつは「食べられる美容液」と呼ばれるほど、美容効果が高いことをご存じですか?

とくにはちみつを使ったパックは、シミやニキビの解消だけでなく、美肌・美白効果があり、さらには髪や唇にも効果があると言われ、最近注目を集めているのです。

そこで今回は、はちみつパックの効果について、その使い方や注意点までご紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね!

はちみつの成分とは?

「はちみつ」は、自然界で最も甘い成分といわれています。

皆さんご存知の通り、はちみつはミツバチが花の蜜を吸い、それを巣に持ち帰って成熟・貯蔵されたものです。

このはちみつの中には、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養成分が、約200種類もたっぷり含まれています。

このはちみつを使ったはちみつパックをすることで、肌に栄養とうるおいを与え、みずみずしい肌を保つことができるのです。

世界の三大美女の一人であるクレオパトラも、はちみつパックをしていたそうですよ。

また、女優の石原さとみさんや、美容家のIKKOさんもはちみつパックの愛好家だそうです。

はちみつパックの効果、まさに期待大ですね!

はちみつパックはシミやニキビに効くの?その効果とは?

それでは、はちみつパックの主な効果についてご紹介しましょう。

保湿効果

はちみつはとても保湿性が高い成分です。

肌の水分蒸発をおさえ、皮膚を柔らかくしながらうるおいを長時間保つ効果があるので、

はちみつで肌をパックすると、乾燥知らずのぷるぷる肌になれるでしょう。

殺菌作用

はちみつには殺菌作用の高いグルコン酸が含まれています。

そのため、はちみつを手術後の皮膚の修復のために使用している病院もあるほどです。

この高い殺菌作用で、ニキビの元であるアクネ菌を殺菌し、ニキビの改善に導きます

また皮脂分泌を抑えてくれるビタミンB2も豊富に含まれていますので、ニキビ解消に効果があります。

美肌効果

はちみつにはカリウム、ナトリウム、リン、カルシウム、マグネシウム、鉄、銅などの豊富なミネラルが含まれています

ミネラルには高い抗酸化作用と、メラニンの発生を防ぐ効果があるので、シミを予防し、美肌をキープする効果が期待できます。

また、はちみつの分子は非常に細かいので、毛穴の奥に入り込んで、古い角質を吸着して、取り除いてくれる効果があります。

そのため、はちみつパックをすると、毛穴レスの美肌になることができるのです。

美白効果

はちみつに含まれるビタミンBやビタミンCには美白効果があります。

また、はちみつはコラーゲンを生成するアミノ酸とビタミンCが含まれているので、コラーゲンが肌に浸透し、くすみがとれたワントーン明るい肌になれるのです。

はちみつパックの正しい使い方

それでは、はちみつパックの正しい使い方をご紹介します。

正しい使い方をしないと、効果が半減してしまいますので、しっかり学びましょう!

1.大さじ1杯のはちみつを手に取る

2.顔全体にはちみつをのばす

3.5分ほど待つ

4.洗い流す

MEMO

お風呂ではちみつパックをすると、蒸気で毛穴が開き、はちみつが浸透しやすくなるのでおすすめです。洗い流すのも簡単ですよ。

いろんな組み合わせで効果をさらにアップ!はちみつパック「応用編」

 

はちみつパックにプラスアルファするだけで、さらに効果をアップすることができます。

【ヨーグルト】

(分量)はちみつ:ヨーグルト=2:1

MEMO

ヨーグルトには、ピーリング効果があるので、さらに美肌効果をアップすることができます。

【小麦粉】

(分量)はちみつ:小麦粉=1:2

MEMO

はちみつに小麦粉を混ぜることで、粘り気のあるはちみつパックを作ります。

はちみつの成分が浸透しやすくなるほかにも、毛穴の汚れなどを吸着しやすくなります。

【ラップ】

はちみつを顔全体にぬった後、その上からラップで覆うとことで、はちみつがさらに肌深くに浸透して、肌がさらにもちもちになるそうですよ。

MEMO

ラップに呼吸できる穴を開けることを忘れずに!ラップの代わりにシートマスクを使ってもOK。

はちみつパック中にあごからこめかみまでをゆっくりマッサージすると、

さらなるリフトアップ効果が期待できます。

顔だけじゃない!はちみつパックは唇や髪にも効果あり?

はちみつパックは、顔のケアだけでなく、唇や髪にも効果があります

その方法をご紹介しましょう。

はちみつパックで唇ケア

(材料)はちみつ、タオル、ラップ

1.唇を蒸しタオルで温める

2.唇全体にはちみつをのばす

3.唇の上にラップを置いて、5分ほど待つ

4.はちみつをふき取る

唇がかさついてきたな…というときに試すと、きっとぷるぷるの唇になれますよ。

はちみつパックでヘアケア

(材料)はちみつ、オリーブオイル、タオル、シャンプー

1.髪を濡らす

2.はちみつにオリーブオイルを混ぜて、濡らした髪全体に塗る

3.髪にタオルを巻いて15分ほど待つ

4.はちみつを洗い流し、いつも通りシャンプーをする

保湿効果の高いはちみつで髪をパックすることによって、乾燥してパサついた髪にうるおいを与えます。

やりすぎに注意!?はちみつパックの頻度や注意点とは?

高い効果のあるはちみつパックは、毎日でもやりたくなってしまいます。

しかし、行う前に確認すべき注意点があります。

くわしくご紹介しましょう。

パッチテストでアレルギーの有無を確認

はちみつにアレルギーを持つ体質の方がいます。

そのような方がはちみつパックを行うと、重篤なアレルギー反応を起こすことがあり、大変危険です。

使う前に、必ずパッチテストを行い、トラブルがないかを確認しましょう。

また、アレルギーがなくても、使用中に肌に違和感があれば、すぐに中止しましょう。

国産の非加熱はちみつを使う

国産の非加熱はちみつは、殺菌・消炎力が強く、劣化しにくいと言われています。

一方、安い外国産や加熱はちみつの中には、砂糖が含まれていたり、加熱処理で水分を飛ばしていたりするものもあります。

はちみつパックは肌に直接つけるものだけに、安全な物を使いましょう。

やりすぎはNG

はちみつパックは、週1,2回の使用で十分効果が得られます

肌によいからといって、毎日のようにやっても意味がありません。

また他の材料と混ぜ合わせて行う場合、やりすぎることで肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。

肌の調子を見ながら、適切な頻度で行いましょう。

肌の上に長時間のせない

はちみつパックは5分~10分、顔の上で放置するだけで十分効果がでます。

それ以上の時間行うと、逆に肌の負担になります

さらに肌トラブルを引き起こす原因にもなりかねないので、きちんと時間を守りましょう。

まとめ

今回は、はちみつパックの効果や使用方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

はちみつパックは高い保湿効果と強い殺菌力を持ち、豊富な栄養分が含まれています。

肌トラブルを改善し、つるつるもちもちの理想の肌へと導いてくれます。

また、はちみつパックは顔のケアだけでなく、唇や髪にも効果的なことがわかりました。

食べてもおいしいはちみつは、美容にも最高な一石二鳥のアイテムであることがわかりましたね。

これはさっそく試してみる価値ありです!

今日からはちみつパックを使ったスキンケアで、美肌を目指しましょう。

そして毛穴レスのぷるぷる肌を手に入れて下さいね。

 

追伸



当サイトは元美容部員の編集長が100種類以上のオールインワンジェルを実際に使った上で運営しています。

その上で、おすすめのオールインワンジェルランキングを公開したり「あなたに合ったオールインワンジェルが分かるカンタン診断」もご案内しています。

ぜひ、各ランキングの記事を読んだり、あなたにあったオールインワンジェル診断を受けてみてください。

悩み別のおすすめオールインワンジェルランキング

目的別のおすすめオールインワンジェルランキング

年代別のおすすめオールインワンジェルランキング

自分にあったオールインワンジェルを見つける簡単アンケート診断

診断を受ける場合は以下をクリック↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です