みかん肌になる原因は?改善方法や治し方、ファンデーションでの解消法【毛穴ブツブツ】

みかんの皮のように毛穴がブツブツして、メイクをしても目立ってしまう「みかん肌」

鏡で見るたび落ち込んで、「もう治らないのかな…」とあきらめてはいませんか?

確かに、みかん肌は一度なってしまうとなかなか治りにくいものです。しかし、適切な改善方法を行えば、治すことも可能なのです。

そこで今回はみかん肌の原因や改善方法、ファンデーションでの解消法について、くわしくご紹介したいと思います。

みかん肌になる原因は?

みかん肌とは、肌がみかんの皮のように、ブツブツと穴が開いてしまった状態のことです。

そんなみかん肌の主な原因は4つあります。

ニキビの跡

みかん肌の主な原因なのが「ニキビの跡」です。

ニキビを潰したり、爪で引っかいたりして、ニキビの周りの皮膚を傷つけてしまい、跡になることがあります。

このニキビ跡が陥没し、ブツブツとしたみかん肌になってしまうのです。

肌の乾燥

肌が乾燥もみかん肌の大きな原因の一つです。

肌の水分が減少して、肌本来のうるおいがなくなると毛穴が開き、どんどん目立ち始めます。

そのまま乾燥対策を行わないままだと、毛穴がさらに開いて、ブツブツとしたみかん肌になってしまうのです。

毛穴の汚れ

毛穴に汚れや古い角質がたまっていると、みかん肌の原因になります。

メイクしたまま寝てしまったり、洗顔でしっかり汚れが落とせていないと汚れや角質が蓄積し、酸化によって黒くなります。

このような毛穴の汚れが増えることで、毛穴が広がり、黒いぶつぶつが目立つみかん肌になってしまうのです。

加齢によるたるみ

加齢とともに肌は弾力を失い、徐々にたるんできます。

肌がたるむことで毛穴も広がり、そこへ汚れや角質などが詰まることで、みかん肌の原因となってしまいます。

みかん肌は治せる!その効果的な改善方法とは?

放置しておくと、毛穴のブツブツが広がってどんどん酷くなってしまうみかん肌。

しかしみかん肌は、スキンケアや生活習慣を見直すことで改善できます

具体的な改善策をご紹介しましょう。

洗顔はやさしく

みかん肌の黒いブツブツがいやだからと、洗顔のときにゴシゴシこすっていませんか?

ゴシゴシ強くこすると、肌を傷つけ、さらにみかん肌が広がってしまいます。

みかん肌を改善するためには、「洗顔はやさしく」が基本です。

洗顔ネットなどで、洗顔料をたっぷり泡立てて肌に乗せできるだけこすらないように、指の腹を使ってくるくると円を描くようにやさしく洗いましょう。

洗顔前に蒸しタオルを使って、毛穴を開いておくとみかん肌の原因でもある毛穴の汚れがとれやすくなります。

保湿はたっぷりと

みかん肌は皮膚の水分が減少し、乾燥している状態です。

肌が乾燥すると、余計に皮脂の分泌が増えて、さらに毛穴が広がってしまいます。

みかん肌に悩んでいる方は、洗顔後はかならず、たっぷりと保湿するように心がけましょう。

肌表面を保湿成分でフタをすれば、毛穴が詰まりにくくなりみかん肌の解消が期待できます。

保湿に使用する化粧水は、肌の水分量を増やし、皮脂量を適切にコントロールしてくれるものを選びましょう。

ビタミンC誘導体や、ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンなど、保湿成分を高いものや、引き締め効果がある収れん化粧水などがおすすめです。

生活習慣を見直す

みかん肌を改善するためには、なるべくストレスを解消し規則正しい生活を送るなど、生活習慣を見直す必要があります。

質の良い睡眠をとる

まず大事なのは、質のいい睡眠をとることです。

肌にとって、睡眠はターンオーバーが最も整う大切な時間です。

とくに、22時から2時までは、細胞の修復を促す「成長ホルモン」が分泌される「ゴールデンタイム」です。

この時間帯の良質な眠りを確保することでみかん肌を解消し、なめらかな美肌に近づくことができるのです。

バランスのよい食事をする

また、バランスのよい食事にも気を付けましょう。

脂肪や糖質が多い食品は、皮脂の分泌が増加し、ますます毛穴が広がってしまいます。

揚げ物や甘いものなどを避け、ビタミンCが豊富な野菜や果物を積極的に摂るようにしましょう。

紫外線に注意する

紫外線によるダメージも、乾燥などの肌トラブルを引き起こしみかん肌を悪化させます。

日焼け止めなどを忘れずにつけてしっかり紫外線をカットしましょう。

どうしても治らないみかん肌は皮膚科などの「治療」も検討

スキンケアや生活習慣を見直しても、なかなか治らないみかん肌の場合には皮膚科や美容クリニックなどで行う治療を検討するのもよいでしょう。

みかん肌の主な治療には、次のような方法があります。

ケミカルピーリング

薬剤の力で皮膚の角質層から表皮上層部を剥がれやすくし、肌のターンオーバー正常化することで、にきび跡や毛穴の開きなどを改善します。

MEMO

金額:5000円~15000円(1回)

施術回数:10回程度

(各医療機関によって金額や回数は異なります)

レーザー治療

レーザーを皮膚の深い部分まで照射することで、コラーゲンの再構築と皮膚の再生を促します。

MEMO

金額:5000円~50000円(1回)

施術回数:5回~10回

(各医療機関によって金額や回数は異なります)

治療のデメリット

皮膚科や美容クリニックでの治療は、みかん肌解消の効果も高く、とても魅力的です。

しかし、当然デメリットがあることも忘れてはいけません。

ケミカルピーリングやレーザー治療は保険対象外なので、施術金額はかなり高額です。

また、皮膚が弱い人は、薬品やレーザーの照射でかえって肌に大きなダメージを受ける可能性があります。

皮膚科や美容クリニックでの治療を検討する場合は、デメリットを理解し、医師とよく相談した上で決めましょう。

みかん肌は「下地とファンデーション」で隠せる!

みかん肌の改善には、時間がかかるものです。

肌のターンオーバーは20代で約28日周期、40代になると平均45日はかかると言われていますから、ターンオーバーを整えるだけでも、最低でも1ヶ月はかかります。

そしてみかん肌は、乾燥や毛穴の汚れなど、複数の肌トラブルが原因になっていることが多く、それらを解消するにはさらに時間が必要です。

しかし、メイクを工夫することで、みかん肌を目立たなくすることは可能です。

そのポイントは「下地とファンデーション」です。

まずは下地をしっかりとすることで、毛穴は目立ちにくくさせましょう。

毛穴より小さい「微粒子タイプ」の化粧下地を使うと、しっかり隠すことができます。

次にファンデーションですが、みかん肌を隠そうとつい厚塗りしてしまいがち。

でも、それは毛穴のつまりの原因になり、みかん肌をさらに悪化させてしまいます。

下地でしっかりカバーしているので、ファンデーションは「パウダータイプ」のものを専用のスポンジを使ってポンポンと軽く抑えるように塗りましょう。

パール入りなどのファンデーションを使えば、光が反射してみかん肌が目立ちにくくなりますよ。

まとめ

今回は、みかん肌の解消法などについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

みかんの皮のように、ブツブツとした毛穴が目立つみかん肌は完治するには時間はかかります。

しかし、スキンケアや生活習慣などを改善することで、より良い状態にすることは可能です

肌に自信が持てれば、明るく、ポジティブな気持ちになれます。

そのようなストレスフリーな心境も、みかん肌改善には大事な要素です。

メイクを工夫したり、食事や睡眠に気を遣ったりして、明るい気持ちでみかん肌に対応していきましょう。

すぐに治すことが難しいみかん肌ですが、焦らずにケアしていきましょうね。

 

追伸



当サイトは元美容部員の編集長が100種類以上のオールインワンジェルを実際に使った上で運営しています。

その上で、おすすめのオールインワンジェルランキングを公開したり「あなたに合ったオールインワンジェルが分かるカンタン診断」もご案内しています。

ぜひ、各ランキングの記事を読んだり、あなたにあったオールインワンジェル診断を受けてみてください。

悩み別のおすすめオールインワンジェルランキング

目的別のおすすめオールインワンジェルランキング

年代別のおすすめオールインワンジェルランキング

自分にあったオールインワンジェルを見つける簡単アンケート診断

診断を受ける場合は以下をクリック↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です