毛穴に効果なし?ももぷり潤いジェルクリームの口コミ【桃セラミド】

今回は去年あたりに少し話題になっていたももぷりの潤いジェルクリームを試してみました。

実際に使って感じた体感や効果、成分の安全性の評価についてこの記事ではお伝えしたいと思います。

項目 詳細
商品ランク Cランク

当サイト「オールインワンジェルの達人」では元美容部員の編集長がオールインワン化粧品をSS~Dでランク分けをしています。

オールインワンジェル総合ランキングを見てみる

オールインワンジェルプチプラランキングを見てみる

成分  3.0
安全性  3.5
機能性  2.5
コスパ  4.0
うるおい・保湿  3.5
シミ・美白  2.0
年齢肌  2.5
毛穴  3.5
使い心地 軽め・さっぱり・べとつく
おすすめの肌質 普通肌
内容量 80g
価格 1,296円
機能 化粧水、美容液、乳液、クリーム(4役)
セールスポイント 美肌菌による菌活コスメで肌バランスを整える効果が期待できる、桃セラミド配合
おすすめする人 日常的な保湿ケア&毛穴ケアをしたい人、桃系の香りが好きな人
編集部からの評価
ももぷりの潤いジェルクリームはCランクのオールインワン化粧品です。美肌菌で肌の状態を整えながら保湿&毛穴ケアが出来るアイテムになっています。ただ、甘めの香りがかなり好みが分かれやすいのとシリコーン油のベトベト感があるので個人的に使用感はあまり好きではなかったです。

 

→ ももぷり潤いジェルクリームの動画解説を見てみる

実際にももぷりの潤いジェルクリーム購入してみました

ももぷり潤いジェルクリームを近所のドラッグストアで購入しました。

容器は、ももをイメージしたかわいい感じのジャータイプで分量は80gです。

中身は、ぷるんとしたピンクがかった乳白色のジェルです。

1回の使用量は適量(さくらんぼ粒)くらい。

手の甲に伸ばした感触は、肌にスッと馴染んでいく感覚です。

実際に顔に乗せたところ、溶け込むような軽い感触で潤いを感じることができました。

乾燥した毛穴がふっくらした感はありましたね。

ただ、個人的には人工的な甘い桃の香りが少し強いと感じて気になりました。

ももぷり潤いジェルクリームがどれくらい水分と油分を与えてくれるか調べるために、水分チェッカーで肌の水分量と皮脂量の推移を調べてみました。

まず、つける前の数字ですが、以下のようになっていました。

  • 水分量:33%(とても少ない)
  • 皮脂量:5段階中の1(とても少ない)

肌に乗せてなじんだ直後は以下のように変化しました。

  • 水分量:42%(普通)
  • 皮脂:5段階中の5(とても多い)

さっぱりしている使用感ですが、皮脂量がマックスまで増えました。つけた直後、肌に潤いを感じて、皮脂量が増えてくれるのは良かったです。

1時間後に再度、水分量と皮脂量を確かめてみると以下のようになっていました。

  • 水分量:40%(普通)
  • 皮脂:5段階中の5(とても多い)

1時間経過後、水分・皮脂共にキープされていました。

わたしの体感ですが、時間の経過とともにペタッとした感じが少し気になりましたね。

ももぷり潤いジェルクリームの使い方

 洗顔後、または化粧水の後に、適量を手にとり、顔全体になじませてください。

 

朝晩お使いいただけます。 

【動画解説】ももぷりの潤いジェルクリームを試して分かったこと

容器の使いやすさや衛生面

容器は、プラスチックのジャータイプで、ももをイメージしたかわいいデザインでした。

ジェルを取るヘラは付属されていませんでした。

ジャータイプは直接指を入れると雑菌が繁殖しますので、お手持ちのヘラを使ってジェルを取ることをおすすめします。

肌ざわりや香り

肌につけた直後すぅ〜っと溶け込んで、うるおいを感じることができました。

香りは、桃をイメージした甘い香りが広がりましたが、個人的にはちょっと合成的で甘くてしつこい香りだなと思いました。

刺激など出ないか

つけた後、特に刺激なども感じず問題なく使うことができました。

ベタつきなど使用感

軽めのテクスチャで、肌に乗せた時にスッと入っていっていきました。

最初はうるおい感もあって良かったのですが、時間の経過とともに、肌表面にペタペタとした感じだけが残ってしまいまい、ベタつきが気になりました。

保湿感

つけてから1時間経過した後も、特に乾燥は気になりませんでした。

乾燥した毛穴がうるおった感じはありましたね。

とはいっても、もちもちする感じではなくベタっとした感じなので心地よい保湿力かというとやや微妙な感じでした。

肌への浸透力

肌への浸透はつけてから5分くらいでした。

塗ってから、スッと浸透していき肌の内側にうるおいが入っていく感じがありましたが、時間が経つと、肌表面に保湿成分のベタベタ感が残ってしまいました。

モロモロが出るか

モロモロというのは消しゴムのカスみたいな化粧品のカスのことです。

朝は量を減らし、さくらんぼ小くらいを顔に伸ばして10分後にメイクをしたところ、モロモロは出なかったものの、ファンデーションがヨレて化粧の仕上がりは良くなかったです。

使用後に感じた美肌効果

保湿力は一般的なオールインワンジェルと比べて平均レベルよりあると思います。

保湿感があったので、つけてから乾燥した毛穴がうるおってふっくらした感じはありました。

最初の浸透して行く感じは良かったのですが、時間の経過とともにちょっと肌表面がベタベタしてきて、個人的にはあまり好きな使用感ではなかったです。

成分でも解説しますが、おそらくシリコーン油のジメチコンが多く配合されているからだと思います。

あと、人工的な桃の甘い香りもすぐに消えるわけではなくつけてからも顔に残る感じが気になってしまいました。

以上が私の個人的な感想となります。

 

私は30代後半で混合肌・インナードライ肌なので、とにかく肌の内側が乾燥して、肌の表面は脂浮きして、ベタつきが気になってしまう厄介な肌質です。

 

オイル系成分が多くてもダメで保水力が高い商品が好みという感じです。

 

そんな私の肌で感じた感想なので基本的に辛口になりやすいですし、思いっきり個人の主観も入っています。

 

ももぷり潤いジェルクリームは、肌への保湿力は優れていますがつけた後、時間が経ったら少し肌表面のベタベタ感が気になりました。

 

普通肌の人でしたら気にならずに使えるかもしれませんが、脂性肌や混合肌の人はちょっとベタベタ感が苦手に感じられるかもしれません。

 

客観的な情報については成分解析などもしていますので、引き続きお読み頂けたらと思います。

ももぷり潤いジェルクリームの効果と安全性や副作用について成分解析

それでは、次にももぷり潤いジェルクリームの成分で期待できる効果と安全性や副作用の危険性について見ていきましょう。

当サイトの基準で美肌に良い成分は青やや危険な成分は赤少し気になる成分をオレンジで記載しています。

水、ジメチコン、メチルグルセス-10、ペンチレングリコール、グリセリン、ジグリセリン、BG、スクワラン、アルギニン、エンテロコッカスフェカリス、コーン油、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トコフェロール、パルミチン酸レチノール、ヒアルロン酸Na、フィトステリルグルコシド/グルコシルセラミド、ベルガモット果実エキス、モモ葉エキス、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、イソステアリン酸ソルビタン、エチドロン酸4Na、オレイン酸Na、シリカ、ポリソルベート60、ラウリン酸ポリグリセリル-5、フェノキシエタノール香料、シアノコバラミン、酸化鉄

個人的に気になったのは成分表示の2番目にジメチコンというシリコーン油が表示されている点ですね。

この成分は危険性は高くはないのですが、独特の被膜感が出やすくてペタペタした感触になりやすいのであんまり好みではありません。

注目の成分を見ていきましょう。

エンテロコッカスフェカリス(肌フローラ)

成分 安全性 期待できる役割
エンテロコッカスフェカリス バリア機能の改善

エンテロコッカスフェカリスは人の肌に存在する乳酸菌の一つです。

この成分は肌の常在菌のバランスを整える働きがあるので、美肌菌と呼ばれる肌の善玉菌を増やすことでバリア機能を高め肌トラブルを防ぐ効果が期待できます。

最近話題の菌活コスメなので個人的に嬉しい成分ですね。

桃セラミド

成分 安全性 期待できる役割
フィトステリルグルコシド/グルコシルセラミド 保湿

セラミドは人の肌にも存在する物質で優れた保湿力があり肌のバリア機能にも関わっています。

ただ、年齢と共に減ってしまうので化粧品で取り入れることで保湿効果などが期待できます。

ももぷりの潤いジェルクリームには桃由来のセラミドが入っているので、肌のバリア機能を整えることで肌トラブルを防ぎ、潤いを与える効果が期待できますね。

その他の美肌成分

成分 安全性 期待できる役割
スクワラン 保湿(オイル)
コーン油 保湿(オイル)
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(ビタミンC誘導体) 毛穴引き締め
トコフェロール(ビタミンE) 毛穴引き締め
パルミチン酸レチノール(ビタミンA誘導体) 毛穴引き締め
ヒアルロン酸Na 保湿
ベルガモット果実エキス 毛穴引き締め
モモ葉エキス 毛穴引き締め

その他、油分としてスクワランや保湿成分として定番のヒアルロン酸が入っています。

それ以外にビタミンA、C、Eが毛穴引き締め成分として入っていますね。

その他、ビタミンC誘導体は透明感アップなどの効果も期待できますし、パルミチン酸レチノールは肌のハリや弾力アップなどで有名な成分なので様々な美肌効果が期待できると言えるでしょう。

副作用の危険性

次に副作用が気になる成分について見ていきましょう。

成分 安全性 役割
コーン油 保湿(オイル)
エチドロン酸4Na キレート剤
フェノキシエタノール 防腐剤
香料 香料
酸化鉄 着色剤

コーン油

植物由来の油分として入っていて水分蒸発を防ぐエモリエント効果があります。

ほとんどの人は問題なく使えますが、敏感肌や炎症などがある人が使うと稀に刺激が出たりアレルギー反応が出る可能性もあるのでやや注意が必要です。

エチドロン酸4Na

キレート剤として使われています。

軽微な刺激がある成分として知られていて特に目に入ると刺激になることがあります。

フェノキシエタノール

防腐剤として使われています。エタノールと名前が似ていますが全く別物です。

普通の人は全く刺激など出ないですが、肌が弱い人や炎症がある人が使うとごくまれに刺激が出る場合があります。

香料

香料と成分に書かれている場合、天然香料と合成香料がどれくらいの割合で入っているのか分からないので入っている成分との相性によっては刺激になる可能性があります。

酸化鉄

着色剤として使われています。

普通の人は刺激など出ない安全な成分ですが金属アレルギーがある場合はごくまれに反応することもあるので注意が必要です。

編集部からの評価
ももぷり潤いジェルクリームはプチプラですが結構良い成分が入っている印象を受けますね。乳酸菌やセラミド、ビタミン類などが入っているので保湿をしながらバランスよく肌の状態を整える効果が期待できます。

 

ただ、保湿力はそれなりなのでうるおいが物足りない場合は別途化粧水を使う方が良いかもしれません。

 

刺激になる成分もいくつか入っているので敏感肌の人はパッチテストをするのがおすすめです。

ももぷり潤いジェルクリームの口コミと評判ってどうなの?

続いてはももぷり潤いジェルクリームの口コミを紹介します。

本記事で掲載する口コミは全て、アットコスメやTwitterなどの各種SNS、Yahoo知恵袋やQ&Aサイト、Amazonなど出どころがはっきりしている口コミのみを掲載しています。

良い口コミ

冬でもこれだけで保湿してます(あまり色々塗ると逆に荒れる)が、特に問題ないです。乾燥してたまらんという感じはなし。するする伸びるのも良いです。
桃の香りが強くて癒やされてます。

出典:Amazon

化粧水と合わせて購入しました!( ´ ▽ ` )まだ2日しか使ってないのにぷりぷりです!( ´ ▽ ` )匂いもコスパもいいしリピ決定です!

出典:アットコスメ

化粧水後、乳液代わりに使用中!小指の先に掬うくらいの少量でもしっかり顔全体カバーできます。クリームよりさっぱりしてて、ジェルよりしっとりしてるって感じで使いやすいです。そして香りが良い!

出典:アットコスメ

香りも良く塗りやすく、ベタベタせずぷるぷるになります(*´ω`*)
その後のメイクもポロポロ出たりせず綺麗に仕上がるのでお気に入りです
しかも何より安いのでリピしやすいと思います!使い切ったらこれはまた購入すると思います

出典:アットコスメ

悪い口コミ

保湿力は問題ないと思うのですが
香料に反応したのか
敏感肌のわたしには刺激がありました( ; ; )

つけた後顔が真っ赤になってしまって
ダメでした( ; ; )

香りも結構強いので
香りが苦手な人にはオススメしません…w

出典:アットコスメ

朝晩の洗顔、化粧水後に1週間ほど使用しましたが、
おでこや口周りににきびがどんどん増えてしまいました。

スキンケアでここまで酷くなったのは初めてでした…

成分を見てみたらジメチコンが多く入っていたのでそれのせいかもしれません。

出典:アットコスメ

リピはないなと思った理由は、使用後の感触です。
もっちり潤った感じはするのですが、ペタペタするというか、顔を触ったら指にすごく残る感じ、、、
言葉であらわすのは難しいですが。人に顔を触られたときのことを考えて朝には使わないようにしています。

出典:アットコスメ

保湿力が物足りなく感じました。サラッとしてるので夜より朝に使った方がいいのかな…いい香りではあるのですが、もう少し優しく香る程度がいいです。

出典:アットコスメ

ももぷり潤いジェルクリームの口コミと評価まとめ

ももぷり潤いジェルクリームの口コミをリサーチしたところ良い口コミと悪い口コミそれぞれ意見がありました。

良い口コミとしては「保湿力がしっかりあった」「香りが癒される」「べたつかずモロモロが出ない」という意見がありました。

結構多いのが香りに対する好意見でした。

やはり、心地よい香りで癒されるのは化粧品を使う上で大事だと思います。

一方で悪い口コミとしては「保湿力が物足りない」「肌に合わずに刺激やニキビが出た」「ペタペタした感じが苦手」という意見がありました。

保湿力については意見が分かれていましたが、「オールインワン化粧品」としての期待があって化粧水なしで使っている人は物足りないという意見を持っている印象を受けました。

ですので、もしこのジェルだけで物足りない場合は別途化粧水を使うのがおすすめです。

ペタペタした感じについては成分でも見た通りジメチコンがやや多く配合されているので、人によっては独特の被膜感を感じるかもしれません。

この辺は好みもあるのですが、ジェルの膜を張る感じが苦手な人は注意が必要です。

また、刺激になる可能性はゼロではないのでパッチテストをしたうえで使うようにしてみてください。

全体としては肌に合わない人もいたものの値段が安いのもあり満足している人もそれなりに多かった印象を受けましたね。

【最安値は?】市販・Amazon・楽天を比較

ももぷり潤いジェルクリームはどこで購入するのが一番安いのか、市販・Amazon・楽天を比較しました。

市販 Amazon 楽天
値段 1,296円 1,285円 1,296円
送料 400円 540円

ももぷり潤いジェルクリームはドラッグストアやマツキヨなど市販でも販売されている商品です。

市販にしろネットショップにしろお店によって値段はまちまちなので参考価格となります。

いずれにせよ、Amazonや楽天で購入する方が送料などを含めて割高になるので市販で購入するのがおすすめです。

ももぷり潤いジェルクリームのQ&A

美白に効果は期待できますか?

美白に良いとされる成分も入っているので多少の効果が期待できます。ただ、美白の医薬部外品ではないので美白効果を期待する場合は美白系のオールインワンがおすすめ。

ニキビに効果が期待できますか?

特別な効果は期待できません。

ニキビ跡に効果が期待できますか?

特別な効果は期待できません。

ほうれい線やしわへの効果は期待できますか?

肌のハリUPの効果が期待できます。深いしわやほうれい線対策はあまり期待できません。

毛穴への効果は期待できますか?

毛穴開きなどにおすすめです。

敏感肌でも使えますか?

刺激が出る可能性がゼロではないのでパッチテストをするのが無難です。

アトピー肌でも使えますか?

肌に炎症がある場合、刺激が出る可能性はゼロではないのでパッチテストをするのがおすすめ。

妊婦でも使えますか?

念のためかかりつけの医に相談するのがおすすめです。

男性でも使えますか?

男性でも問題なく使うことができます。

まとめ

最後にももぷり潤いジェルクリームについて再度おさらいしておきます。

  • 乳酸菌配合の菌活コスメで美肌菌を増やす効果が期待できる
  • 保湿力は悪くない
  • 毛穴うるおい引き締め効果が期待できる
  • 時間が経つと、肌表面にベタベタ感が残る
  • 保湿が物足りない場合は別途化粧水を使うのがおすすめ
  • 桃の香りがやや強いので香りが苦手な人は注意が必要

ももぷり潤いジェルクリームの基本情報

販売元 株式会社スタイリングライフ・ホールディングス
正式商品名 ももぷり潤いジェルクリーム
値段 1,296円
分量 80g
URL https://www.bcl-brand.jp/product/product-19374/
 

追伸



当サイトは元美容部員の編集長が100種類以上のオールインワンジェルを実際に使った上で運営しています。

その上で、おすすめのオールインワンジェルランキングを公開したり「あなたに合ったオールインワンジェルが分かるカンタン診断」もご案内しています。

ぜひ、各ランキングの記事を読んだり、あなたにあったオールインワンジェル診断を受けてみてください。

悩み別のおすすめオールインワンジェルランキング

目的別のおすすめオールインワンジェルランキング

年代別のおすすめオールインワンジェルランキング

自分にあったオールインワンジェルを見つける簡単アンケート診断

診断を受ける場合は以下をクリック↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です