オロナインパックで後悔?正しいやり方と鼻の角栓への効果の真実を暴露

今、サイトやSNSで人気の「オロナインパック」をご存じですか?

オロナインを塗ってパックすることで、鼻の毛穴に詰まった角栓がごっそり取れてキレイになると話題になっています。

しかし、このオロナインパックを行って後悔した、という声もまた多いのです。

そこで今回は、オロナインパックは本当に効果があるのか、その真実についてご紹介したいと思います。

オロナインパックをやってみようかとお悩みのみなさん、ぜひこの記事を読んで参考にしてくださいね。

オロナインとは?

そもそもオロナインとは、「オロナインH軟膏」という医薬品です。

ニキビ、火傷、しもやけ、傷など、さまざまな皮膚疾患の改善に使える薬として、昔から愛用されています。

オロナイン軟膏に含まれる「クロルヘキシジングルコン酸塩液」という有効成分が、高い抗菌・殺菌作用を発揮し、皮膚にできた傷を殺菌し、炎症などを鎮めて改善へと導きます。

まさにオロナイン軟膏は、皮膚疾患の「万能薬」と言えるのです。

オロナインパックとは

皮膚疾患に対する万能薬として、長く愛用されてきた「オロナイン」。

このオロナインを鼻に塗り、鼻用パックと併用することで、角栓を除去しようというのが「オロナインパック」です。

どうしてこのような方法が考えられたのでしょうか?

実は、オロナインには高い抗菌・殺菌成分の他にも、「自己乳化型ステアリン酸グリセリル」という成分が含まれています。

この成分は、「天然の合成界面活性剤」とも言われる成分で、角栓の原因である皮脂を浮かびあがらせる効果があります。

皮脂が浮かび上がった肌に、市販の鼻パックをすることで、角栓を一気にとってしまおうという考えから、このオロナインパックが誕生したのです。

では、オロナインパックのやり方を説明しましょう。

1.オロナインを鼻全体に塗り、そのまま10分程放置する。

2.ぬるま湯で洗い流し、市販の鼻パックをする。

3.記載された時間までパックをしてから剥がす。

4.最後に冷水で洗い流し、化粧水などで保湿する。

やって後悔!?オロナインパックの危険性

オロナインパックをすることで、「鼻の角栓がごっそり取れた!」という声が聞かれる一方、「やらなきゃよかった…」という後悔の声も多く耳にします。

実は、オロナインパックには危険性が多いと言われているのです!

いったいどんな危険性なのでしょうか?

肌に必要な水分まで奪ってしまう

オロナインパックは、パックを一気にはがすことで、一度で角栓をごっそり取ってしまいます。

その際、肌の産毛や薄皮まで一緒に取れてしまいます

肌の産毛や薄皮は、肌を守る機能があります。

しかし、オロナインパックを繰り返すことでどんどん取れてしまい、やがては乾燥肌になってしまうのです。

乾燥肌になると、皮脂が過剰に分泌されます。

そしてこの皮脂が酸化して再び角栓となり、またオロナインパックをすることになるのです。

こうやって、オロナインパックのエンドレスループにはまってしまい、肌に大切な水分までが奪われていくのです。

毛穴が広がってしまう

オロナインパックにより、角栓がごっそり取り除かれると、毛穴がポッカリ空いてしまいます

しかし大きく空いた毛穴は、なかなか小さくなりません。

なぜなら水分が減少し、薄皮などもはがれてしまっている肌は、バリア機能が低下しているため、毛穴を引き締める力がないのです。

大きく空いたままの毛穴には、どんどん皮脂が溜まります

そして以前よりも大きな角栓ができてしまい、ニキビなどの原因になってしまうのです。

常在菌まで殺菌してしまう

オロナインには、クロルヘキシジングルコン酸塩液という殺菌成分が配合されていることは、さきほど説明しました。

しかし、この成分はあくまで殺菌成分であり、角栓をケアするものではありません。

さらに、私たちの皮膚表面には、常在菌と呼ばれる皮膚を健康に保つ菌が生息しています。

この常在菌により、私たちの肌はカビや花粉などの外部の刺激や、病原体などから守られているのです。

しかし、オロナインに含まれるクロルヘキシジングルコン酸塩液は、この常在菌まで殺菌してしまいます。

これにより肌機能のバランスが崩れ、トラブルを起こす原因になるのです。

また、クロルヘキシジングルコン酸塩液は刺激が強く、かぶれや炎症を起こす場合もあります。

毛穴パックと併用することで、肌を傷つける

必要な水分が奪われ、オロナインの殺菌作用で機能が低下してしまった肌。

そんな肌に鼻用パックを貼り、一気にはがすことは、肌への強い刺激となり、ヒリヒリとした痛みなどを伴います。

このような刺激により、肌はますます傷つけられてしまうのです。

いかがでしたか?

このようにオロナインパックは、一見高い効果があるように見えます。

しかし、実は肌にとってかなりのダメージを与えるものなのです。

オロナインは安易に角栓除去などに使う薬ではないのです。

中にはオロナインパックを顔全体にやってみた、なんていう人もいますが、これでは肌へのダメージが計り知れません。

決して行わないようにしましょう。

鼻の角栓には毎日の正しいスキンケアが重要!

オロナインパックは、繰り返すことで乾燥肌を招き、毛穴をさらに広げ、ニキビや黒ずみを増やしてしまうことがわかりました。

やはり、オロナインは「医薬品」であり、それ以外の用途で使うべきではないのです。

そして本当に鼻の角栓を取り除きたいのなら、角栓の原因である「過剰な皮脂」をしっかり抑えるべきです。

そのためには、毎日の地道なスキンケアが重要になってきます。

具体的に説明しましょう。

保湿を徹底して乾燥を防ぐ

皮脂の原因は、肌の乾燥です。肌が乾燥すると、肌を守ろうとして皮脂が過剰に分泌されます。

そして角質も厚くなり、皮膚がゴワゴワとして、毛穴に皮脂がつまりやすくなります。

このような乾燥を抑えるためには、徹底した「保湿」が重要です

洗顔後の保湿をしっかりして、肌の乾燥を防ぎましょう。

メイクをしっかり落とす

メイク汚れが落ちていないと、毛穴に汚れや皮脂が残ったままになり、角栓の原因になります。

メイクをしっかり落とすことを心がけましょう。

洗顔は「泡」でやさしく

洗顔はゴシゴシこするようにすると、肌に負担をかかり、乾燥しやすくなります。

洗顔はできるだけきめ細かな泡による洗顔を心がけましょう。

細かく小さな気泡が、肌に刺激を与えることなく、毛穴の奥の汚れもしっかり落としてくれます

泡で優しくマッサージするようにして洗顔するよう心がけましょう。

ターンオーバーを整える

ターンオーバーを整えることで、毛穴につまった余分な皮脂を排出されます。

そてし、角栓のない肌を取り戻すことができます。

そのためには、生活習慣を見直しが必要です。

質の良い睡眠や適度な運動など、日々の生活の中でも、少しずつ改善に取り組んでいきましょう。

まとめ

今回はオロナインパックについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

オロナインは皮膚の傷やニキビなどに利く医薬品ですが、角栓除去の薬ではありません。

さらに、毛穴パックと併用する「オロナインパック」は、一見効果があるように見えます。

しかし、実はさまざまな肌トラブルを引き起こす危険な行為なのです。

やはり鼻の角栓除去には、正しい洗顔や保湿といった、毎日の地道なスキンケアが欠かせません。

スキンケアで肌がすぐに変化するわけではありません。

しかし、毎日コツコツと続けていれば、角栓のない、つるつるとした健康的な肌を取り戻すことができるのです。

ゆっくりとあせらず、自分の肌をケアしていきましょう。

 

追伸



当サイトは元美容部員の編集長が100種類以上のオールインワンジェルを実際に使った上で運営しています。

その上で、おすすめのオールインワンジェルランキングを公開したり「あなたに合ったオールインワンジェルが分かるカンタン診断」もご案内しています。

ぜひ、各ランキングの記事を読んだり、あなたにあったオールインワンジェル診断を受けてみてください。

悩み別のおすすめオールインワンジェルランキング

目的別のおすすめオールインワンジェルランキング

年代別のおすすめオールインワンジェルランキング

自分にあったオールインワンジェルを見つける簡単アンケート診断

診断を受ける場合は以下をクリック↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です