オールインワンジェルの効果を引き出す使い方とは?【タイミング・塗り方・併用を徹底解説】

1本で化粧水や美容液・クリームなど幅広い役割をするオールインワンジェル(ゲル)はとても便利なアイテムです。

しかし、同時に正しい使い方を知っておかないと効果が半減してしまうなんてこともあります。

そこで、この記事ではオールインワンジェルの正しい塗り方や塗るタイミングについて徹底解説していきます。

また、忙しい場合の時短の使い方やより効果を発揮する使い方についても紹介していくので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

オールインワンジェルの基本的な使い方5ステップ

オールインワンジェルの正しい使い方は以下の5ステップです。

  1. 正しい分量のジェルを手のひらの上で広げる(10円大~500円大くらい)
  2. 顔を包み込むように中央から外側に向かってゆっくりと伸ばす
  3. 口角からこめかみへ向けて、引き上げるように伸ばす
  4. フェイスラインから耳に向かって下から上へ伸ばす
  5. 最後に顔全体を手でやさしくおさえて、成分をなじませる

以上を踏まえて、順番にポイントを見ていきましょう。

正しい分量のジェルを手のひらの上で広げる(10円大~500円大くらい)

オールインワンジェルはたくさんつければ良いというものではありません。

逆にたくさんのジェルをつけすぎる事で肌に浸透しきらなかったジェルがモロモロ(カス)になってしまうこともあります。

ですので、メーカーが推薦する分量を使うようにしましょう。

一般的なジェルの場合およそ10円玉~500円玉大のサイズとなります。

肌質や季節などでも適量は異なるので既定の使用量を使いながら必要に応じて量は変えてみてください。

顔を包み込むように中央から外側に向かってゆっくり伸ばす

ジェルを使う際は「内側から外側へ」を意識すると有効成分がしっかり肌に馴染みやすいです。

この時に注意して頂きたいのが外側へ伸ばし終わった後に外側から内側にジェルを戻さないようにしましょう。

重ね塗りをする際はもう一度内側から外側へジェルを伸ばしていきます。

注意
ジェルを塗る際に顔の上でゴシゴシとこすらないように注意してください。刺激を与える事で乾燥や肌荒れの原因になることがあります

口角からこめかみへ向けて、引き上げるように伸ばす

「内側から外側へ」と共に意識して頂きたいのが「下から上へ」ジェルを伸ばしていく事です。

下から上へ伸ばすことでリフトアップ効果が期待できます。

特に年齢肌でたるみが気になる人やもっとハリを出したい人は「下から上」を日々意識するだけでも一か月後に全然肌の状態は変わってきます。

口角からこめかみに向けて伸ばすことでほうれい線対策になります。

フェイスラインから耳に向かって下から上へ伸ばす

フェイスラインから耳に向けてジェルを伸ばしていくことでフェイスラインをすっきりさせる小顔効果が期待できます。

3回くらいやると効果的ですね。

最後に顔全体を手でやさしくおさえて、成分をなじませる

最後に顔全体を優しく手で包んでハンドプッシュをします。

手のひらで優しくプッシュすることでジェルの有効成分を肌全体に行き届かせることが出来るので必ず最後に行うようにしてください。

オールワンジェルを塗るべきタイミングとは?

オールいワンジェルを使う上で正しい塗り方も大事なのですが、同時に塗るタイミングもとても大事です。

タイミングが間違えていると効果が半減してしまうので、タイミングも意識しましょう。

オールインワンジェルを塗るのに最適なタイミングは洗顔や入浴直後の肌が潤っている時です。

洗顔や入浴直後は肌に水分量が多く含まれているので、このタイミングでジェルを使う事で保湿効果が高まりますし、有効成分が肌に浸透しやすくなります。

しかし、もし肌が乾燥してからジェルを使ってしまうと保湿効果や美肌効果などが小さくなってしまうのです。

どれだけ良いジェルを使っていてもタイミングを間違えると全く効果を感じる事が出来ないなんてこともあります。

特に、入浴後にすぐに保湿せずに先に髪を乾かしたりする癖がある場合は先にジェルを使うだけでも全く肌の状態は変わってきますよ。

MEMO
私は必ず入浴直後にジェルをつけるようにしています。そのために意外と大事なのはジェルの置き場所です。浴室から出てすぐにジェルがあると習慣になるので洗面所などの置き方も工夫しましょう

朝と夜のオールインワンジェルの使い方

オールインワンジェルを使う上で朝と夜では使い方を変えるのがお勧めです。

「朝は手軽に、夜はしっかり」を意識してケアしてください。

朝のオールインワンジェルの使い方

朝は気持ち少な目のオールインワンジェルを使うのがお勧めです。

朝にたっぷりジェルを使うとモロモロやメイク崩れの原因になるからです。

少量にしておくことでメイク崩れやモロモロを防ぐことができます。

もし急いでいる場合はしっかり肌に塗らなくとも顔全体を包み込むようにジェルをつけてハンドプッシュをすれば時短でもしっかり効果を発揮することができます。

夜のオールインワンジェルの使い方

夜は睡眠中に肌が再生するのでたっぷりと使用して有効成分をしっかり肌に届ける事を意識してください。

ジェルを使う際も先ほど解説したように「内側から外側へ」「下から上へ」を意識して時間をかけて肌に馴染ませていくのがおすすめです。

オールインワンジェルでやってはいけない間違えた3つの使い方とは

ここまで正しい使い方について解説しましたが、逆に「やってはいけないこと」についても見ていきましょう。

洗顔前や汚れた肌に使用する

皮脂や汚れなどが顔に残った状態でオールインワンジェルを使うとその皮脂や汚れも肌に塗りつけてしまうことになってしまい肌荒れの原因になることもあります。

オールインワンジェルに限らずスキンケアは洗顔後の綺麗な肌に行うのが大事なので注意してください。

ゴシゴシこすりすぎる

ジェルを塗る際は優しくハンドプッシュして成分を馴染ませるのが大事で、逆にゴシゴシするのはNGです。

ゴシゴシしすぎると摩擦によって乾燥や肌荒れの原因になる上に、モロモロが出やすくなってしまいます。

肌トラブルがある際にジェルを使用する

ニキビやアトピーなどの肌トラブルがある際にオールインワンジェルを使用すると症状が悪化する可能性があります。

基本的には肌トラブルがない状態で使うようにしてください。

MEMO
最近はアトピーやニキビなどトラブル肌向けのオールインワンジェルもたくさん発売されています。ニキビの場合はニキビ肌向けのオールインワンジェルを使うのも良い選択肢となります

忙しい時に時短でオールインワンジェルの効果を発揮する使い方

時間がある時であればじっくりオールインワンジェルでお手入れが出来るかもしれませんが実際には忙しくてそんな時間がないって事もありますよね。

そんな時には「顔全体にジェルをやさしくつけてハンドプッシュする」だけでもOKです。

オールインワンジェルは手のひらで抑えるだけでも肌全体に行き渡りやすいというメリットがあります。

ですので、ほっぺた、おでこ、口元、鼻など気になる箇所を優しくハンドプッシュしましょう。

私も忙しい朝は簡単にハンドプッシュで済ませる事が多いです

オールインワンジェルの効果を引き出す+αの使い方

最後にオールインワンジェルの効果をさらに高める使い方を紹介します。

気になる箇所は重ね塗りをする

ジェルを塗る際に目元や口元など気になる箇所は重ね塗りをしましょう。

有効成分が重ね塗りによりしっかり入り込むので効果がさらに大きくなります。

パックとして使う

オールインワンジェルの商品の多くはパックとしての使い方もできます。

バスタイムなどに使うのがおすすめです。

使い方は簡単で、3回分くらいの使用量を顔全体に塗って10分ほどパックします。

その後、ぬるま湯で優しくジェルを洗い流してください。

入浴中にパックをする事で毛穴が開き保湿成分と美容成分がしっかり肌に入り込んでいきます。

もちもち肌になるのが分かりますよ。

入浴後には再度オールインワンジェルを塗れば成分が肌に閉じ込められて潤いが長時間持続します。

私は週に1回はパックをするようにしています。それだけで肌の状態はとても整いますので非常にお勧めです

他の化粧品と併用する

オールインワンジェルを使っている人で悩みがちなのが「他の化粧品との併用」です。

併用しても大丈夫?という事ですね。

商品の組み合わせによっては併用することでモロモロが出やすくなるというデメリットがある場合もあります。

ただ、基本的には併用することでより効果は大きくなります。

ですので、併用は非常にお勧めです。

併用にお勧めの商品はいくつかあります。

オールインワンジェルと化粧水を併用する

まず、併用する際の定番アイテムが化粧水です。

オールインワンジェルの中には化粧水の要素も入っていますが、化粧水を使う事で角質層に水分が入り肌が柔軟になり、ジェルの美容成分が肌に入り込みやすくなります。

その際には、化粧水を先に塗り、その後にオールインワンジェルを塗るようにしてください。

そして、化粧水がしっかり肌に馴染んでからオールインワンジェルを塗るのも大事です。

基本的に、化粧品を併用する際は先につけた化粧品が肌に残っていることが原因で成分が混ざり合ってモロモロの原因になるので、焦らずに使うのが大事です。

オールインワンジェルとクリームを併用する

オールインワンジェルの潤いが持続しない場合はクリームを併用することで保湿効果がより大きくなります。

また、美容成分や水分の蒸発を防いでくれる働きも期待できます。

オールインワンジェルとクリームを併用する場合は先にジェルを付けた後にクリームをつけるようにしましょう。

オールインワンジェルと導入美容液やブースターを併用する

導入美容液やブースターはその後に使う化粧品の効果を大きくする働きがあります。

ですので、オールインワンジェルと併用することでジェルの効果がさらに大きくなります。

この場合は先に導入美容液を使うようにしましょう。

まとめ

この記事ではオールインワンジェルの使い方について徹底解説しました。

この記事の使い方はあくまでも教科書的な使い方ですので、実際に使いながら自分なりの最適な使い方を見つけるのがお勧めです。

使い方でも得られる効果が大きく異なるのでぜひ、この記事をきっかけにあなたにとってのベストの使い方を見つけてくださいね。

 

追伸



当サイトは元美容部員の編集長が100種類以上のオールインワンジェルを実際に使った上で運営しています。

その上で、おすすめのオールインワンジェルランキングを公開したり「あなたに合ったオールインワンジェルが分かるカンタン診断」もご案内しています。

ぜひ、各ランキングの記事を読んだり、あなたにあったオールインワンジェル診断を受けてみてください。

悩み別のおすすめオールインワンジェルランキング

目的別のおすすめオールインワンジェルランキング

年代別のおすすめオールインワンジェルランキング

自分にあったオールインワンジェルを見つける簡単アンケート診断

診断を受ける場合は以下をクリック↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です